メーターLED打ち換高速バス編

高速バスLEDメーター打ち換え作業


高速バスLEDメーター打ち換え作業 ハンダコテでチップLEDを外す
LEDを外すアップ写真

①今回は高速バスのメーターを改修作業です。12V普通乗用車でも同じです。東田はこの手のメーターの作業歴が長いのと、一度に何百もLEDを取り外す為、専用工具でLEDを取外しますが、今回はDIYと言うことで、推奨ハンダコテを2本使い作業を進めます。LEDがこれより大き場合はコテ先をSMD除去用コテ先に交換して下さい。十分温まったコテ先をLEDのハンダポイントへ左右同時にあてがいます。除去したLEDは処分しますので十分熱を加えて下さい。

チップLEDが外れた状態

②LEDの根本のハンダが溶けて動き出したらす、コテ先でLEDを、すくい上げると簡単に取れます。※たまに接着剤も付けられている場合がございます。その場合このハンダコテ2本先方では結構力技になります。プロではない趣味なレベルでは十分です。

ハンダ吸い取り線で余分なハンダを吸い取る ハンダコテで吸取り線を加熱

③次にLEDが全て取れたら、ハンダ吸い取り線でLEDの付いていた場所のハンダをキレイに除去します。これをしないと、違う種類のハンダが混じる事になるのと、LEDを水平に装着できなくなります。我々プロは効率の良い電動タイプを使いますが、DIY作業ではこれで十分です。

吸取り線に余分なハンダが染み込む 基板上の余分なハンダを吸い取った

基板のランドがフラットになった

ハンダ吸い取り線を、吸い取る場所にあてがい、上からハンダコテで吸い取る。ジュワ~ーっと吸い上げられていけばグッド!吸い取った後は平面が出る。

すべての場所を吸い取る ランドの片側にハンダを盛る

盛ったハンダのアップ

⑤平面になったらどちらか片一方にハンダを盛る。何十個もある場合、一気に全部盛ればOKです。フラックスを蒸発させないように瞬時に盛るのがコツ

チップLEDを準備 チップLEDのテープを外す

基板に置かれたチップLED

⑥ココでLEDを出します。今回は3528白チップを使用します。チップとしては十分大きいですが、無くさないように注意しましょう。

チップ用逆ピンセット LEDをはさんで保持

⑦チップ部品を扱う時は、国産の良いピンセットを使って下さい。はさむだけのタイプと写真のように、はさむとそのまま保持してくれる逆ピンセットがある。どちらにしても本体はヨレずしっかりしているものを選ぼう。

LEDをはさみハンダポイントへ 基板上を滑らして

⑧写真のようにハンダを盛った部分にLEDをそっと近づけます。LEDの向きは切り欠きで判断します。写真の右側がマイナス側です。

片側だけLEDをハンダする

⑨そして、あらかじめ盛ってあったハンダを溶かして、ピンセットではさんだLEDを滑り込ませる。その時ちょうどLEDのランドとランドの真ん中に来るように調整する。ハンダコテを2秒以上当てないように注意!

反対側のランドもハンダする LEDがハンダされた

⑩反対側にもハンダを盛り、完成である。とにかく熱には要注意です。ハンダは出来るだけ推奨のものをお使い下さい。ワット数高いものはNGです。

純正の暗いLED 明るいLEDをハンダする

交換したらキレイな発色になる

⑪打ち替えたらその都度、LED 1本点灯チェック用電源で点灯確認して下さい。純正の暗いLEDも良いチップに変えると明るくなります。特におすすめはウィンカー等いつも点灯しているところの打ち換えですね。是非トライしてみて下さい。