アルトワークスのハイマウントストップランプLED自作加工STEP3

アルトワークスLED加工


抵抗の片側だけハンダした 抵抗のアップ

反対側もハンダした

㉑抵抗を片方だけ仮付けしたら、反対側も仮付けします。余分な線を切断して基板に密着させてから軽くハンダします。この後本付けします。

抵抗が装着された ダイオードをハンダする

試験点灯裏

㉒次に整流ダイオードを付けます。ダイオードの向きに注意します。もし向きが逆だったとしてもLEDが壊れることは、ございません。そして今度は12V車専用電池ボックス電源で点灯試験します。なぜこの電池ボックスなのか?後日説明します。

試験点灯表 みの虫クリップ

㉓しっかり点灯していることを机上で確認する。そしてミノムシクリップとLEDの切断した足を使って写真のように準備して、車両に向かいます。ミノムシクリップは信頼の高いものが市販で存在しにくいので、ご自身で自作するか、ごんた屋製品をお使い下さい。理由は後日特設コーナーで説明します。

車体で試験点灯準備 LEDの余った足でコネクタ接続

車体に仮につけたLED基板

㉔車両側到着したら、ハイマウントの根本のコネクタに直接LEDの足を挟んだミノムシクリップをつなげます。この時プラスマイナス間違えても、なにも壊れることはございません。

スプレー缶にブレーキ踏ませる 無事点灯した

㉕そしてブレーキペダルを踏んで点灯確認します。私はスプレー缶などにブレーキペダルを踏ましています。(^^)バッチリ点灯すればOK。そこで机上に戻り、ぽん付け出来るように加工に入ります。

純正ハーネスにつなげる 電球口金配線付き

両面テープで基板固定

㉖電球口金を付けます。リード線付きタイプと口金だけがある。ごんた屋で加工済のリード線タイプが人気だ。ハイマウントの基板は強力両面テープで貼り付ければOK、剥がれてくることが懸念されるので、心配な方は少量のシリコン系接着剤を使って下さい。※写真はフラッシャーユニットを付けています。ブレーキ踏むと8回フラッシュするようにするユニットです。

最終点灯確認 基板と本体

基板の両面テープアップ

㉗フラッシャーユニットはごんた屋で近日発売します。このハイマウントキットも発売予定です。

アルトワークスLED加工 10ミリレンチで取り付ける

しっかり締め付けて完了

㉘パッケージ出来たら、車両に取り付けです。レンチを使い外した逆手順で取り付けます。車内にあるタイプは防水の必要がないので、取付取り外しは非常に簡単です。これでハイマウントLED化は終了です。慣れれば取付から全行程1時間以内で終わる内容です。ゆっくり休日に工作するのも良いですね。ご質問は専用お電話で080-8308-6672東田が直接受け付けております。