アルトワークスのハイマウントストップランプLED自作加工STEP2

アルトワークスハイマウント


アルトワークスハイマウント 貼る作業 スターダストシートの剥離紙を取る

基板の表面にスターダストシートを貼る

⑪基板の装飾用シートを貼ります。電気を絶対通さないものが条件です。今回はスターダストシートを貼ります。基板の大きさに適当に切ったものを用意。はくり紙をはがすと、シールのようにノリが付いています。そのノリの面を上にして置いて、基板を端からそっと置きます。

スターダストシートを貼った スターダストの余分な部分を切り取る

切り取った

スターダストシートをしっかり貼り付けたら、カッターナイフで不要な部分を切り取ります。

LEDを基板に取り付ける その前にマーキングの部分

専用コテで穴を開ける

⑬シートがしっかり貼れた状態で裏面の作業に入る。LEDの通すべき場所をマーキングした場所のシートに穴を開ける。フレキシブル基板専用の穴あけ工具もある。針などを火で炙って突き刺しても良い。しっかり穴を開けること。

開けている コテと基板

コテ以外でもOK

⑭ランドのメッキが取れないように注意してシートだけを溶かします。

表面からも開ける LEDを基板に通す

通すアップ

⑮しっかり穴が開くように、表からも穴を開けます。そしてワンピースリフレクターにLEDを刺して、そのまま基板に通します。

LEDを通す横 手で持つ

通し終わる裏面

⑯LED数が少ないので、全部刺してしまいます。LEDの向きは設計した回路通りに要確認です。この状態でハンダ付けしていきます。ハンダコテは必ずこのタイプをお使いください。東田が長年愛用していたモデルですので間違いないです。LEDの回路は次回別枠でアップします。

ハンダ開始 ハンダつけを進める

ハンダ面アップ

⑰ハンダ付けします。LEDの足をうまく使いながら、回路を構成します。詳しいハンダ手法と今回の回路図は後日公開します。精密なラジオペンチでLEDの足を曲げていきます。余った足はニッパで切断します。このニッパが最高に優れていて長時間使っても疲れません。工具は価格ではなく、その用途にピッッタリのものを選びます。東田も何十種類も使ってみて最高なのを見つけております。それが精密ニッパです。

LEDのハンダ面終了 LEDハンダ面アップ

抵抗ダイオードをハンダする

⑱このように全体をハンダします。そして電流制限用の抵抗を挿入して行きます。CRDという方法もございますが、実際は抵抗の方が安定します。(この件については後日特別コーナーを作ります。)価格も安いです。純国産最高級抵抗をお選びください。LEDが切れる原因の一つに安価な抵抗を使う事があげられます。ごんた屋のLEDは抵抗値に合わせて生産しているので計算も不要です。今回は5LED直列なので75Ωを使います。今回は暗めに設定したかったので180Ωを使いました。皆さんは75Ωをお使いください。

1本用点灯電源で試験点灯 基板と1本用電源

⑲おっと、その前に試験点灯しましょう。LED1本点灯電池ボックスでLEDを点灯します。赤のLEDなので3本直列くらいまで点灯できます。この電池ボックスの利点はLED1本でも点灯できるところであり、しかもLEDを壊す心配がないのだ!12V電源でこれをやると誤って壊してしまう事が多い。

抵抗を装着 片側だけハンダする

抵抗アップ

⑳抵抗をこのように仮ハンダします。この時は点付けで良い。後でしっかり本付けします。あらかじめ点付けする抵抗の不要な線は切断しておきます。