アルトワークスのハイマウントストップランプLED自作加工STEP1

アルトワークス

アルトのハイマウントストップランプユニット アルトワークス 赤いレンズ外す

外した状態

①アルトワークスのハイマウントストップランプは電球である。社外でLEDランプも出ているが、それ以上にキレイで明るいランプにするには、ごんた屋LEDで自作がおすすめ!ごんた屋で最高に吟味された素材で作ったランプは、製品レベルを超えた機能を有する。車体からの取外し方はこのページ最下部に動画で説明しております。

ハイマウントストップランプ裏側 電球を取り外した

レンズと工作用紙

②ハイマウント本体を車体から取外します。取り外すと外側のカバーとハイマウントランプユニットとなります。赤いレンズは不要ですので取り去ります。ツメで止まってるだけです。そして工作用紙など厚紙を用意します。

工作用紙を基板型紙にする ペンでレンズをなぞる

基板型紙完成

③ごんた屋ではいつもホームセンターに売ってる工作用紙で基板の型紙を作ります。今回はレンズの大きさを基本にするのでまず工作用紙に直接レンズを置いて、ペンを使いレンズをなぞり、工作用紙に書きます。そしてなぞった部分をカッターナイフで切断します。

出来た基板型紙 今度は基板に転写

基板を用意

④切り取った工作用紙です。それを使い今度はLEDをハンダ付けるマザーボードである基板にのせて切り出す準備をする。(今回はグリーンのフレキシブルフレキシブル基板を使うが、加工しにくい1mm基板の方が耐久性は良い)

マジックで基板に型を転写 基板に型が転写される

基板を切り出す

⑤基板の表面(LEDを付ける面)に油性マジックで作った基板型紙の縁をなぞります。※銀色の小さいドーナツ状のメッキがある面はハンダする面で、裏面になります。なぞったらハサミで切断していきます。100円ショップのハサミでも切れます。コツは少し大きめに切ることです。ギリギリ狙うと、刃先が誤って、ずれてしまった時修正が効きません。

基板が切り出せました 実車で基板の大きさを確認

ぴったりなことを確認

⑥ハサミでキレイにカットできたら、ハイマウントの側に合うようにキレイにカットしなおします。最終は紙やすりで整形すればOK

完璧に出来た基板 本体にあてがう

ハイマウントときっちりマッチング

⑦基板をキレイに切り出して、ハイマウントストップランプにピッタリに合わせるのがコツ。このように反射面やノーマルで光っていた領域を無視して、基板を設置するのがプロの技である。ここに時間を掛けることが、将来テールランプなど大物に挑戦する時のスキル(経験値)アップとなる。

0.1ミリも狂わない クリアワンピースリフレクターとLED

LEDとリフレクターを基板に刺す

⑧上の画像のようにエッジまでキレイに揃える一手間を忘れずにしよう。そして今回はLED数非常に少なくしてクリアーレッドキャノンボールLEDを10本使うことに。単体で詰めれば50本とか入りそうですが。。このLEDは十分明るいので10本で十分です。LEDだけだと空き空きなので、クリアワンピースリフレクターを使って装飾します。このリフレクターも、設計から東田が行い、金型を自社で保有するすぐれものである。(最高級クロームメッキタイプも有る)このリフレクターにLEDを通してハンダするだけで、高級感あふれるLEDになる。この工程ではハンダはしません、まず実際にLEDとリフレクターを刺してデザインを決めます。←非常に重要な工程である。

LEDを刺した基板の裏 基板裏アップ

マジックでLEDの位置マーキング

⑨位置が決まったら、そのままLEDが抜けないよう下敷きなどを、あてがいながら裏向けます。そして市販の油性ペンでLEDの足が通ってる基板のランド(ドーナツ状のメッキ部分)に、自分で分かるように軽くで良いので印を付けていく。油性ペンの印はLEDの足にも付きますが、ハンダ時に蒸発するので気にしなくて良い、ただ、塗りすぎると表面まで出ることもあるので気になる方は気をつけて下さい。

マーキングしている マーキングできた

マーキングした基板

⑩上の写真のようにチョコンとマークが出来たらOKです。全部にマーキングする事!これが出来ていないと、基板の装飾用のシートを貼った後、どこにLEDを通せば良いかわからなくなるのだ。なのでいちばん重要な項目であるとムック本LEDスタイルなどで何度も東田がレクチャーしてきた。しっかり工程は守って下さい。なれると流れ作業です。始めは面倒でもまずコツコツと体に覚えさすことです。